公開記事

クリエイターや起業家を育て、 たくさんの挑戦や事業が生まれる。
そんな仕組みを持った村。

意外と契約にルーズな起業界隈。口約束はありえないと考えよう。

よく、耳にする失敗談として、契約の話があげられます。
「いい感じの兄貴」がお金を出資してくれることになり、お金を投資してもらったという話。
何かよくわからない足長おじさんのような人が現れ、お金を振り込んでくれる。
これって、夢のような話に思えて、案外多いのです。
僕が耳にしただけで、もはや5回くらいはあります。
ということは、実際、日常的にこういった事例が行われているのでしょう。

ただ、その時に「契約書は結んだの?」と聞くと、結んでないというのです。
これはまずい、と思い、契約を取りまとめることにしました。
結果的に、その時は事なきを得たのですが、これは危険です。
何も契約をまとめて無いということは、後で何を言われてもどうにもできません。

出資と借金は全く別物。

実際、すでにトラブルになった後、というケースもあります。
その方は、ある人に「出資」と言われて数百万円もらったら、実は借金だったというケースです。
出資されることと借金することは明確に異なります。
基本的に出資は単純に「お金を出す役」と「実行する役」が別れるだけで、返すも何もありません。
出資を受ける場合というのは、株式のやりとりはありますが、基本的にお金を返すことはありません。
投資家も、自らの挑戦としてリスクを負って挑戦することになります。

これを、ただの口約束でお金をもらってしまったら、どうなるでしょう。
もはや借金なのか何なのかも、もはやわかりません。
相手が返してと言った瞬間に、トラブルまっしぐらです。
本当に相手が出資と言ったのかどうかも、あやふやにされてしまうでしょう。

その方は、結果的に自己破産してしまったようですが、本来、しなくて良かったかもしれません。
最初の段階で契約を結び、出資なのか借金なのか判断できていれば、免れたトラブルでした。

こんな事例を話すと「起業家が愚かだっただけだ」と思う方が大半でしょう。
ところが、案外、こういったトラブルが多いのです。
きちんと契約書を確認し作れば、避けられたかもしれません。

契約が不明瞭でトラブルが起こることも。

アメリカで仕事をした時、こんな経験をしました。
ウェブサイトの開発で携わったのですが、当時の僕は、口約束で開発をスタートさせました。
日本だと、個人の間であれば、案外口約束で開発を初めてしまうことが多々あります。
もちろん見積もりを出して、最初にここの範囲はやります、というように認識を合わせた「つもり」でした。

ところがです。

いざ開発が始まってみると、延々と終わらないのです。
契約上、不明確だった部分を次々と指摘され、これもやってもらうとタスクを追加するわけですね。
できない部分とできる部分を明確にしないと、一生終わらないことになってしまいます。
その時は、なんとか話をつけて途中でどこまでと決めることが出来ました。
しかし、もし相手が欲の深い人だったら、どこまでやらされていたか分かりません。

他にも、投資家とのトラブルで、いよいよ売却となった時に契約の不明瞭な部分をつかれるケースもあります。
最初の書類で全て決められていなかった点を細かくつき、裁判が1年も続くトラブルもありました。
こうした契約の不備やトラブルは、確かに事業を行っていると、どうしても遭遇します。
しかし、そういったトラブルをなるべく少なくすることは、努力次第で可能だったはずなのです。

口約束はもっての他。

このように、契約上の不備でトラブルになるケースはいくらでもあります。
ましてや口約束などもってのほかです。
後でどのようなトラブルになったとしても、口約束で始めた方が悪いとしか言えません。
どれだけ相手が信頼感をおける人だったとしてもです。
その契約が元になって開始が長引くよりも、後からトラブルになるよりはマシです。
絶対に口約束を元に、仕事や事業を進めてはいけません。

ところが、案外こうした口約束系トラブルが、後をたたないのが現状です。
特に、日本は商習慣的に「人情」等で契約が行われるケースが多くあります。
人情も、いざとなったらただの愚かな行為になりさがってしまいます。
事業を初めて間も無い人は、特にこういったトラブルに巻き込まれがちです。
経験が無いからこそ、注意を払って進めていかなければなりません。

もし、口約束で何か進めようとしている方がいたら、一旦足を止めましょう。
詳しい人に相談するか、なるべく知識を調べた上で先に進みましょう。
迂闊に前に進んでしまったら、大変なことになるかもしれません。
トラブルになっても、愚かだったと言われるだけで、助けもあまり期待できません。
しっかりと口約束ではなく、契約を交わしましょう。

クリエイター × 起業家を育てる「村づくり」やってます。
スキルを学び、たくさんの挑戦や事業を生む、創造的な村づくり。
あなたも「村の住民」になりませんか?オンライン住民でもOKです。

未経験からスキルアップやキャリアップ、そして事業づくりを支援する村ができました。

住民になると、コミュニティを通して、勉強会や合宿、パーティー、セミナーなどに参加できる他、住民価格で村の施設を利用できたり、村を作る側としてプロジェクトに参加できたり。他にもオンラインで交流できたり、プラットフォームでスキル習得ができたり、自分の活動を宣伝したり。あなたの人生と活動に、有意義な体験と活躍しやすい場を提供します。

詳しく見てみる!

リンクヴィレッジ新聞

LINK VILLAGE NEWS

Figmaって何?これからFigmaを学ぼうとしている方が読む最初の一歩

Figmaって何?これからFigmaを学ぼうとしている方が読む最初の一歩

XDの地位が危なくなって、Figmaを学ぼうとされている方も多いかと思います。そんな方向けに、Figmaとはなんぞや?というFigma自体の存在について語る記事を書いてみました。これからFigmaを学ぼうとされている方は […]

AIの普及後、クリエイターの仕事はこうなる。

AIの普及後、クリエイターの仕事はこうなる。

2023年に入って、数ヶ月で一気に普及したChatGPT。何か質問を投げかければ、なんでも答えてくれるということで話題になりました。それと同時に普及したのが、ジェネレーティブAIです、「生成型」という言葉に聞き覚えはない […]

「合宿リゾート」ついに公開! 世界で最もスキルアップやサービス開発を最大化する環境を作る。

「合宿リゾート」ついに公開! 世界で最もスキルアップやサービス開発を最大化する環境を作る。

AIで代替できないものがあるとすれば、それは「体感と人間関係」にほかなりません。五感をすべて使って感じ取れる心地よさや楽しさ、ワクワク感。そして人間同士だからこそ感じられるつながりや心地よさ。若干の面倒くささ。そうした人 […]

その村は「何かやらかしたい」と思う全ての人にとって、最高の場所となる

その村は「何かやらかしたい」と思う全ての人にとって、最高の場所となる

久しぶりにmixiを見ると、そこには「何かやらかしたい人集まれ」というコミュニティがあった。 mixi全盛期は、このコミュニティに1万人以上いた気がするし、2022年になった今でも、4,000人以上の人がいて、きっとこの […]

7年ごしの決意と覚悟。「事業開発村」を作り、革命を起こす

7年ごしの決意と覚悟。「事業開発村」を作り、革命を起こす

絶対に何がなんでも、やり遂げる。 そんな、覚悟の決め方こそ、何かを成功させることに、最も重要なことだと思っている。思い起こすと、この数年間、僕にはそれが無かったような気がする。辛いこと、しんどいこと、プレッシャー、そうい […]

もっと記事を見る

ご興味をお持ちの方は、お気軽にLINE事前登録にご参加ください!