公開記事

クリエイターや起業家を育て、 たくさんの挑戦や事業が生まれる。
そんな仕組みを持った村。

旅するように学ぼう。僕らが「旅と学び」を重視する理由。

旅、というのは今後の社会にとって大きなテーマです。
そして、僕たちITデザイン留学βテストにとってもテーマとなっています。

自由自在に、フットワーク軽く、たくさんの国や文化を飛び回る。
たくさんの人に会い、考え方を共有し、数多くの経験を手に入れる。
そんな場所を作ろうと、試行錯誤しています。

旅は、今後の世界にとって、大きな価値を持つ体験になるでしょう。
多くの人が感じているように、世界はどんどん進化しています。

数多くのテクノロジーが日に日に世界を進化させ、在り方さえ変えてしまう。
そんな社会の中で、僕たちはどう進んでいくべきなのでしょうか。

社会では日々、変化が必要とされています。

一般的な常識や想像力の枠を外し、未知の発想から仕事を作り出していく。
それは、起業家だけの仕事ではなく、すべての人が頭に入れておく必要があります。

企業でも「新しい変化」を考えてチーム作りをする組織が増えました。

ベンチャーやスタートアップと組み、尖った刺激を与え、変化を求めること。
生まれ出る文化に対応するだけでなく、新しい視点を作る側にまわること。

新鮮な視点を持って、社会が動き始めざるを得なくなって来たのです。

なぜか。

それこそ、今後の社会で生き残っていくために必要なことだからです。
既存の仕組みに依存すれば、朽ち果てていくのは時間の問題でしかありません。

世界は前に進んでいるからこそ、止まっていては古くなるだけです。

では、新しい視点や視野を手に入れるためには、どうすれば良いでしょう?
何を経験すれば、変化を楽しみ、さらに一歩進むことが出来るのでしょうか。

僕たちが考える1つの答えは、多様な視点や考え、文化を受け入れることです。

たくさんの経験をして、何も否定することなく、理解していくこと。
こんな考え方もあるんだ、こんな文化もあるんだと受容すること。
そして、同じ人だけでなく、たくさんの視野の中で議論することです。

今のコンピューターを軸としたイノベーションは、多様性から生まれました。
1960年代のシリコンバレーで、様々な視野の持ち主が世界を変えるために議論しあったのです。

ハッカーも、ヒッピーも、学者もMBAもアーティストも。
子供も大人も、あらゆる人種も文化もゲイもレズビアンも。
高学歴の人も、学校が居場所と思えなかった人も。
様々な趣味趣向を持つ人も。

お互いを否定することなく、受容し、同じ目的のために挑戦を続けました。
結果、通常ではありえないようなイノベーションが生まれたのです。
異次元の発想が作り出され、世界を変えるプロダクトが数多く生まれました。

シリコンバレーの例が語るように多様性は、新しい発想を作り出します。
だからこそ、旅をして、数多くの文化や思考の中で議論することが重要な意味を持ちます。

たくさんの場所に足を運んで、膨大な多様性の中、同じ視点で話あう。

結果的に、一定の価値観を抜け出し、多角的に常識を疑うことができます。
新しい発想や、思いもよらなかった視点から、社会を捉えられるようになるのです。

しかし、日常の中に生きていると、多様性に触れられる機会はありません。
特に日本で多様性と言ってもなかなか難しいでしょう。
自ら作り出さないと、なかなかその機会を手に入れることは出来ません。

だからこそ「旅」が大きな価値を持つのです。

身の回りに多様性が存在しないなら、存在する場所を渡り歩けば良い。
常識から抜け出すために「旅」が持つ多様性は役立ちます。

日本ではなく、セブ島でシェアハウスを作る、大きな理由の1つはここにあります。
国内から飛び出し、たくさんの価値観にふれることで、様々な視点を学ぶこと。

海外は、手っ取り早く多様性にふれる、最も最適な機会です。
だからこそ、早い速度で世界中への展開を考えています。

そして、僕たちが考えるのはセブ島だけではありません。

例えば今、セブ島で学び、現地の人と議論しながらスキルを学ぶとします。
次に、アフリカに渡り、現地の人の価値観を加えながら、発想を深めてみるのはどうでしょう。
さらにサンフランシスコに向かい、最新のテクノロジーと視野の中で議論します。

きっと、あらゆる視野の中で、柔軟性を持った問題解決に触れられることでしょう。
旅をしながら学ぶ、世界の文化や視点に触れ、刺激を受けながら学んでいく。

さらに、その中で自分でも1つサービスを作れたらベストです。

移動して議論するごとに、新たな視野が開けていくかもしれません。
多様な視点に揉まれてるうちに、サービスも熟していくことでしょう。

誰もが多様な環境や視点の中「旅しながら学べる」ように。
あらゆる環境の中で、常に異なる視点や発想に触れられるように。

僕たちが作ろうとしているのは、単純なシェアハウスではありません。
世界を自在に行き来していけるような「つながり」作りを始めているのです。

誰もがいつでも、世界中に自分の居場所を持てること。
そんな目標に向かって、歩んでいます。

また、ITデザイン留学βテストのつながりは、多様性と同時にスキルを体得する場でもあります。

自己習得を最大限発揮できる体制をつくり、世界を移動しながらスキルアップすること。
多様な人、スキルと出会いながら、自分自信の視野もスキルも成長させていくこと。

だからこそ、柔軟な発想とスキルが入り混じり、より面白い挑戦が生まれるはずです。

旅は、人が考える以上に大きな価値を持っています。
特に人間に新しい視点や柔軟な思考を持たせる上で、大きな役割を果たします。
そして今後の社会では、その思考や柔軟性こそが、最も大事な能力の1つなのです。

まだ、ITデザイン留学βテストはこれからのスタートです。
開始は今年の9月か10月を目標としており、これから生まれるところです。
ですが、1歩1歩、着実に歩みを進めています。

7月後半には、少しずつ実現してくることでしょう。

僕たちの考える未来に少しでもワクワクしたら、ぜひ、話を聞きにきてみてください。
旅をするように学ぶビジョンに少しでも価値を感じてもらえたら。
ITデザイン留学βテストと一緒に、世界をつなぐ野望を実現して頂けると、嬉しいです。

みなさんと一緒に歩める時を、楽しみにしております!

クリエイター × 起業家を育てる「村づくり」やってます。
スキルを学び、たくさんの挑戦や事業を生む、創造的な村づくり。
あなたも「村の住民」になりませんか?オンライン住民でもOKです。

未経験からスキルアップやキャリアップ、そして事業づくりを支援する村ができました。

住民になると、コミュニティを通して、勉強会や合宿、パーティー、セミナーなどに参加できる他、住民価格で村の施設を利用できたり、村を作る側としてプロジェクトに参加できたり。他にもオンラインで交流できたり、プラットフォームでスキル習得ができたり、自分の活動を宣伝したり。あなたの人生と活動に、有意義な体験と活躍しやすい場を提供します。

詳しく見てみる!

リンクヴィレッジ新聞

LINK VILLAGE NEWS

Figmaって何?これからFigmaを学ぼうとしている方が読む最初の一歩

Figmaって何?これからFigmaを学ぼうとしている方が読む最初の一歩

XDの地位が危なくなって、Figmaを学ぼうとされている方も多いかと思います。そんな方向けに、Figmaとはなんぞや?というFigma自体の存在について語る記事を書いてみました。これからFigmaを学ぼうとされている方は […]

AIの普及後、クリエイターの仕事はこうなる。

AIの普及後、クリエイターの仕事はこうなる。

2023年に入って、数ヶ月で一気に普及したChatGPT。何か質問を投げかければ、なんでも答えてくれるということで話題になりました。それと同時に普及したのが、ジェネレーティブAIです、「生成型」という言葉に聞き覚えはない […]

「合宿リゾート」ついに公開! 世界で最もスキルアップやサービス開発を最大化する環境を作る。

「合宿リゾート」ついに公開! 世界で最もスキルアップやサービス開発を最大化する環境を作る。

AIで代替できないものがあるとすれば、それは「体感と人間関係」にほかなりません。五感をすべて使って感じ取れる心地よさや楽しさ、ワクワク感。そして人間同士だからこそ感じられるつながりや心地よさ。若干の面倒くささ。そうした人 […]

その村は「何かやらかしたい」と思う全ての人にとって、最高の場所となる

その村は「何かやらかしたい」と思う全ての人にとって、最高の場所となる

久しぶりにmixiを見ると、そこには「何かやらかしたい人集まれ」というコミュニティがあった。 mixi全盛期は、このコミュニティに1万人以上いた気がするし、2022年になった今でも、4,000人以上の人がいて、きっとこの […]

7年ごしの決意と覚悟。「事業開発村」を作り、革命を起こす

7年ごしの決意と覚悟。「事業開発村」を作り、革命を起こす

絶対に何がなんでも、やり遂げる。 そんな、覚悟の決め方こそ、何かを成功させることに、最も重要なことだと思っている。思い起こすと、この数年間、僕にはそれが無かったような気がする。辛いこと、しんどいこと、プレッシャー、そうい […]

もっと記事を見る

ご興味をお持ちの方は、お気軽にLINE事前登録にご参加ください!